一度はしておくべき海外留学とは

海外への留学は、もはやめずらしいことではありません。

行ったところで英語が簡単に話せるようになるわけではありませんし、就職活動や転職活動をするにおいても、必ずしも留学経験が強いカードになるとは限りません。しかし今ここであらためて、なぜ留学がしておくべきことなのか二つの点から考えてみたいと思います。

まず、自分の生まれ育った国を飛び出して、言語も文化も全く異なる環境に身を投じるわけですから、カルチャーショックを受けます。自分の常識は、常識ではなく、非常識は常識だったりします。いわゆる異文化コミュニケーションが必要になってくるのですが、「世の中には多様な考え方がある」と視野を広げる経験は、帰国して日本社会で生きていく上でも大いに役立つでしょう。次に英語についてです。例え留学をしても、帰国後の英語力は千差万別です。仕事に活かせるレベルの英語を習得する人もいれば、旅行で使う程度の英語で終わってしまう人もいます。

滞在先でどのように過ごしたのかでその人の実力が変わってくるのですが、誰しも「外国人に慣れる」という経験はできるかと思います。案外この経験が英語にはとても大切で、外国人が話しかけてきたというだけで、かたくなって話せるはずの英語すらでてこない方もいます。まずは外国人を特別視せずに見ることができるという経験があれば、英語もぐっと話しやすくなるはずです。彼らだって同じ人間なのです。あたり前のことですが、これこそ意外と海外へ行かなければ分からないあたりまえなのです。
セブ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *