フィリピン留学の注意点

語学留学先の中でもフィリピン留学は、費用が安く、ビザなどの手続きが簡単であるということで人気ですが、注意点もありますから、実際に行くまでによく理解した上で、勉強をしに行くということが大事になってきます。

フィリピン留学の注意点としては、まず、先生の中にはフィリピン訛りのある先生もいるという点を挙げることができます。もし、先生の英語が訛っていると、学ぶ自分も訛った英語を覚えてしまう恐れがあるので注意が必要になってきます。この場合は、先生を交換してもらうとよいでしょう。

どの語学学校にもマネージャーという存在がありますから、マネージャーに交換してほしい旨を伝えることによって、対応してもらうことができます。ただし、英語に訛りがある先生は全体の10パーセントくらいですから、それほど気にする必要はないです。

次に、日常会話はフィリピン語であるという点を挙げることができます。英語圏の国では、通常普段の日常会話も英語になりますから、授業以外でも英語を学ぶことができますが、フィリピンの場合は日常会話がフィリピン語になるので、常に英語漬けにすることはできません。ですから、授業で集中して英語を学ぶという意識を持つことが大事になってきます。最後に、治安に不安があるという点を挙げることができます。これはフィリピンが特に治安が悪いというわけではなく、多くの留学先に関していえることでもあります。ですから、外国にいるということを忘れずに、自分なりの防犯対策をしっかりと行うということが大事になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *