留学後も現地の友達と交流できる

留学をする魅力の1つとして、現地でたくさんの友達が作れる点があります。

現地の学生だけでなく、他の国からやってきた留学生とも交流することができるので、いろんな国の友達を作ることができるのです。毎日のように友達と楽しく会話をすることによって、語学力やコミュニケーション能力の上達にも繋がるのです。ただ、当然ですが留学期間が終われば彼らとはお別れしないといけなくなります。とても寂しい瞬間でもあり、名残惜しさを感じる場面でもあるわけです。もちろん、また現地に訪れれば彼らと再会することもできますが、海外にはそう頻繁には足は運べないでしょう。

そういう意味では、せっかく友達関係になれたのに、留学から帰国すれば互いの関係も終わってしまうのではないかと、不安に思う人もいるかもしれません。ただ、今の時代はインターネットが世界中に普及をしていますから、留学後も容易に現地の交流することができるのです。

例えば、SNSの方で友達申請をしておけば、国内にいてもメッセージのやり取りをすることはできます。あるいは、パソコンとWebカメラを利用することによって、画面を通じて直接会話をすることもできるのです。このように、いくらでも現地の友達とコミュニケーションを取る手段はあるわけですから、何年でも何十年でも関係を続けることはできるのです。もちろん、また現地の方に訪れる機会があれば、実際に会って交流を深めていけばいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *