留学するならしっかりとした目的をもつこと

日本では英語教育は会話よりも読解や文法に力を入れてきたために、文章は読めるけれど、英語は話せないという人が多かったです。

いまは、小学校や中学校でも英会話の授業が導入されているので、少しずつ改善されていますが、それでも日本の義務教育だけでは英会話を習得するのは、そんなに簡単なことではありません。将来英語をつかった仕事をしたいと考えるならば、大学で英文科や異文化コミュニケーションなどの学部にはいって、大学時代に留学をするというやり方が一番確実といえます。やはり、海外にいって、英語で生活をしなければならないという状況をつくらないと、なかなか完全に英会話を習得するというところまではいかないケースが多いです。

またそこには自分の目的意識をしっかりとして留学することが必要です。つい海外にいくと、心細さもあって現地にいる日本人とつるんでしまうことがあります。これではなんのために留学をしたのかわからないです。しっかりと英会話をものにするつもりが、海外にいっても日本人といたのでは、意味がありません。留学先ではなるべく日本人と会話をしないという強い気持ちがなければ英会話を習得できません。

また海外にいくとより日本の良さや日本の文化との違いを知ることになるはずですから、日本の歴史などは事前に勉強しておいたほうがいいのです。現地の人としっかりとコミュニケーションをとるうちに、日本についての質問にも答えられるようになっていなければ、表面的な会話に終わってしまうことになるからです。せっかく留学するのですから、吸収できるものはすべて吸収したほうがいいです。
セブ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *