本場の英語をイギリス留学で学ぶ

英語を学びたい人はイギリスに留学すると良いです。

英語は現在では多くの国の第一言語ですが、元々はイギリスで使われた言語です。イギリスからの移民がアメリカやオーストラリア、カナダなどで広めたことで、多くの人が使うようになりました。よって、本物の英語は、イギリスで話されています。イギリスの歴史は古いので由緒正しい英語は上流階級が好みました。現在では一般的に話されており、BBC放送などで使うことで標準発音が分かります。

世界公用語として使われる英語はスペルや発音ともにイギリス式が採用されています。また、イギリスに留学すると世界トップレベルの授業が受けられます。世界大学ランキング上位50位以内にイギリスの大学が9校含まれています。実践的なテキスト編集や英語教授法など、質の高い教育を提供しています。また、イギリスには日本人留学生が少ないです。ロンドンを除いたイギリスの学校では、日本人の割合は5%以下です。

留学生は主にヨーロッパや中東、アフリカから来ています。日本人のいない環境で学ぶことで、日常的に英語を使う機会が増え、本格的に語学習得が可能です。さらに、イギリスは旅行費が安い上にアクセスしやすいです。イギリスとヨーロッパは地理的に非常に近く、格安の旅行会社を利用することができます。働いている人や平日学校に通う人は、休日をパリで過ごすことも珍しくありません。北欧や地中海に飛行機で1~2時間で着きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *