フランス留学は短期集中型が多い

フランス留学では、1週間~1ヶ月程度の短期留学が一般的です。

大学生と社会人の割合が半々で、語学力を伸ばす以外にフランスの生活に触れることも目的の一つとされます。フランス語を学べる教育機関は、私立の語学学校と公立の語学学校、大学附属の語学コースの3つです。私立や公立の語学学校は、入学する時期や開講日がフレキシブルで、特別な入学資格を設けていない学校が多いです。宿泊場所の手配など留学生に対するフォローが充実しています。

フランス語に自信がない場合でも、少人数でアットホームな学校がいくつかあります。パリなど各都市に設備の整った学校があり、語学レッスンの他にも授業を選べます。大学に付属した語学学校は、ほとんどが2年制で、入学時期も決まっています。日常的なフランス語の習得よりも、アカデミックな学習を目的とします。フランス語のレベルが中級以上で、長期間フランスに滞在する人に適しています。

また、フランスでは、教師の家にホームステイするスタイルが人気です。先生とホストファミリーが同じなので、日常的にフランス語を教えてもらえます。レッスンは1日3時間くらいマンツーマンで行われます。マンツーマン以外にもグループレッスンを希望することもできます。それぞれの語学レベルに合ったプログラムを作成するので、効果的に語学のレベルアップを図れます。語学学校とは異なって入学しないので、自分のスケジュールや滞在期間に合わせて留学できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *