音楽留学におけるそれぞれの国の特徴

音楽留学が可能な国は多いです。

まずアメリカでは、私立から公立まで多くの音楽学校があります。形態も様々で、総合大学の音楽学部や専門の音楽院などがあります。クラシックやジャズ、ロックなど多くの分野があり、習熟度とレベルや年齢が幅広いです。大学や短大が充実しているので、専門学校はあまりありません。私立は学費が高いですが、有名な講師が揃っています。公立は学費や安く、入試に合格しやすいとされます。

次にイギリスでは、5つの王立音楽大学や私立の音楽大学、音楽院に留学できます。クラシックやジャズ以外にも多くの大学でロックやポップスを学ぶことができます。学校は10月に新年度が始まることが多く、前の年の10月~12月までに出願を締切るので注意が必要です。大学院は1年で修了でき、学位や修士の資格が取れます。学費は比較的高いです。ドイツには各州に州立音楽大学が全部で23校設立しています。

また大学の音楽学部や私立の音楽院がたくさんあります。各学校ごとに試験内容や年齢制限、ドイツ語資格の有無が異なります。現在ドイツでは、伝統的なディプロームを取得するプログラムから、日本のように学位や修士を取得できるプログラムに変革を試みています。改革時期なので、学校の調査を綿密に行う必要があります州立音楽大学の学費は非常に安いのが特徴です。ヨーロッパはボローニャ宣言によって教育制度の改革が、それぞれの国で行われているので、留学先を選ぶときに詳しく調べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *