留学がうまくいかないそんな時でも続けることが大切

留学すると英語の力が格段に伸びるのは確実なのですが、毎日毎日自分の力が伸びているのが実感できるのかというと、そうではないのが現実です。

同じ時期に留学を始めた周りの友達と比較して、あの人の方が自分よりもずっと上達していると感じて落ち込んだり、焦ったりというのは、留学生の中でよくある悩みです。せっかく留学したのに伸びなかった、と悲観的に考えてしまう生徒は少なくありません。しかし、短い留学生活を効果的に使うためには、ポジティブに考えて解決させていきます。英語の学習というのは、一日や二日で急に伸びるものではありませんし、それで終わるものでもありません。

同じレベルのまま長い間停滞していて、ある日ブレイクスルーが起きて、突然理解できるものが増えるのが語学です。語学の勉強はその繰り返しです。頑張っているのに停滞しているのは辛いことですが、それでも自分を信じて努力していくのが肝心です。努力するとは言っても、やり方が間違っていたら元も子もないので、あるタイミングで振り返ってみるのは大切です。

頑張っているけど伸びない、と悩むより、100時間やったけど伸びない、というなら解決策を考えやすいものです。勉強に使った時間を測ってみて、リーディングにばかり時間を取っていないか、ライティングの時間が足りないのではないか、とチェックしてみます。自分の苦手なところに時間を割くのは辛いです。しかし、そこを踏み越えて頑張ってみるとブレイクスルーが近づきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *