会社での留学制度があれば

企業によっては、非常に社員教育に力を入れている場合があります。

その一つであるのが、留学です。社費で留学をさせるわけです。理由はいくつもありますが、海外で身につけられるスキルが、業務に役に立つと判断しているからです。当たり前ですが、相当に期待されている人材でないとなかなか採用されるのは難しいです。それでもとりあえず手を挙げることが大事です。条件がついていることが殆どですから、それをクリアしていれば、という話でもありますから、注意は必要です。

商社などでは、殆ど義務に近いレベルで留学制度があります。あくまで大手の話ではありますが、会社として、海外に行かせることにメリットを見出しているわけです。会社は従業員の為に留学をさせるわけではなく、最終的に社全体の利益になると考えて制度を作るわけです。その為、語学の為、と言うのは殆どないです。それは最低条件として課せられている可能性が高いです。

仕事に使うことになるスキルを学ぶことができる国、幹部候補として後学の為になるとされている国が設定されている場合が多いです。会社としても優秀な人材には長く勤めて欲しいわけです。長期的に見て、留学をさせることによって、それが会社の利益に繋がると判断できるのであれば、制度を作ります。チャンスの一つですから、積極的に名乗り出ることです。但し、社費で行くわけですから、結果が求められます。レポートなどの提出が頻繁にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *