カナダへの留学の特徴とは

カナダは移民の多い国であり、日本の留学生も多いです。

大きな特徴になるのが公用語が2つあることであり、英語とフランス語が使われています。そのため、2つの言語を同時に学習できます。広い国で地域で違いがあるため、この場合はどこで学習するかが重要です。ケベック州の学校は両方の言語で講義をしているところが多いです。ワーキングホリデーを使ってカナダに留学することもできます。

1年の間、最大6か月の就学や仕事、観光などを自由に行える制度です。年間の発行枠に上限があるので注意ですが、学校で講義を受けるだけでなく、現地で仕事をして会話を行うことで英語やフランス語の実践ができるので上達が見込めます。また、給料を得られるので滞在中の生活費にもできることで利用者が多いです。公用語が2つであることは、英語力に不安のあるカナダの留学生の助けにもなります。

英語を第1公用語にしている割合は6割程度なので、そうでない人の数も多いです。そのため、英語が上手く話せなくても親切にしてもらえるので安心感があります。移民が多いので多様性があり、差別も少ないです。海外は治安が悪いという印象がありますが、カナダの留学ではこの心配はありません。世界の平和度のランキングでは日本よりも上位になっているので、初めて海外に行く人にも適しています。なお、カナダには日本人の留学生なども多くいるので日本語を使える機会が多いです。安心できるからと英語を使わずにいると、上達する前に帰国することになるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *