カナダ留学のステイ先や外出先で学ぶ文化の違い

カナダに住む人たちの人種はヨーロッパ系白人をはじめ、先住民にアジア系や黒人に中南米系など、実にさまざまな人種が住む国です。

留学をするにあたりホームステイをするケースは多いですが、ホストファミリーとなる人の人種も様々になります。学生寮を利用することもできますがカナダ留学では、ホームステイを選ぶケースは多いです。毎日の食事に困ることがありませんし、英語の環境に生活の中で浸ることができて、滞在先の習慣や文化も学ぶことができます。

ステイ先のホームファミリーの人種によっては、言語が英語ではないケースも無いとは言えません。それでも英語が共通語になるので、毎日の暮らしの中で英語を話せるため、自然に英語も上達をしやすくなります。学校以外でも常に英語を話すことになるので、自分の考えを会話の中で相手に伝えたくなりますし、反対に相手の話を理解したい気持ちも上がるので良い学びの場です。

英語をカナダ留学で学ぶにしても、生活の中で学ぶことの、モチベーションが自然にアップします。日本とのマナーに違いをはじめ、習慣や文化の違いも学べるチャンスです。アメリカとそれほど大きな違いはありませんが、外へ出た時に日本とは異なるマナーに出くわすことは少なくないです。買い物のためにお店に行ったら、お客さん側から挨拶をして話しかけるのも、最初は戸惑うかもしれません。外出先やホストファミリーと過ごすことで、カナダと日本の習慣や文化の違いを学べる機会は多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *