カナダ留学をするのに必要なビザは目的によって異なる

日本からカナダに留学目的で渡航する場合、必要となるビザの種類はカナダ留学の目的によって異なります。

まず、現地の学校や大学に入って卒業まで勉強するといった一般的なケースでは、渡航前に必ずStudyPermitと呼ばれるものを取得しておかなければなりません。日本語では就学許可証といわれているStudyPermitは厳密にはビザではありませんが、就学の許可がおりると同時にeTAとよばれる電子渡航認証システムを用いた入国の許可もおりる仕組みになっていることもあり、事実上ビザの一種として扱われています。

語学留学をしにカナダへ訪れる場合は、短期間であればeTAによる認証を受けておくだけで入国の準備が整います。本来は観光ビザを取得しないと入国できませんが、日本国籍者は査証相互免除協定により、滞在期間が6ヶ月以内であればビザ無しで入国することができます。一方、6ヶ月を超える長期滞在となる場合は教育機関に入るときと同じように就学許可を得る必要があります。

これは、現地にいる最中にスケジュールを変更し、その結果滞在期間が6ヶ月を超える見込みになった場合も同様です。異文化理解を目的としたカナダ留学であれば、ワーキングホリデービザも選択肢の一つに入るでしょう。このビザを取得すると観光だけでなく、就学が最大で6ヶ月間、就労も最大で1年間できるようになります。ワーキングホリデービザは他のものとは異なり、申請可能な時期が決まっており、募集人数についても定員が設けられているので、渡航する場合は早めに申請しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *